[date:20190112]の検索結果


フランス捜査当局が日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長を贈賄容疑で捜査を開始したとフランスのメディアが報道。 日本でもNHKを始めとする各メディアがこの問題を取り上げるなど2020年に日本で開催される予定の東京オリンピックの将来に暗雲が漂い始めている。

JOCが東京オリンピック招致を有利に進めるためにコンサルタント料という名目で、 国際陸上競技連盟(IAAF)前会長のラミン・ディアク氏の息子に関係するシンガポールの銀行口座に約2億2300万円の送金を行ったことはすでに明らかになっているが、 JOC側は「正式な業務契約に基づく対価として支払った」と主張している。

しかし、フランス捜査当局は 送金した先がIAAF前会長の息子に関係する会社の銀行口座であるということ、また、2020年オリンピック開催地を決定のタイミングにあまりに近いことから、 開催地決定に関して影響力を持つIOC委員を買収する目的で行われた不正な支払いだった疑いがある見ているようだ。

今回の竹田JOC会長への捜査開始については、フランスの大手自動車会社「ルノー」の会長であるカルロス・ゴーン日産元会長を逮捕したことに対する報復という見方もあるが、 それとこれとは別の話なので、たとえ実際に報復だったとしても、ゴーン元会長に対する追求の手は緩めるべきではないだろう。

なお、JOCは15日に竹田会長が都内で記者会見を行うことを発表しているが、これまでの主張を再度表明するだけで、特に目新しい事実が明らかにされることは無いと見られている。

それにしても、東京オリンピック招致に最も効果的だったのは、滝川クリステルさんの「おもてなし」や安倍首相のスピーチなどではなく、 JOCによるコンサルタント料(賄賂)の支払いということになると、「夢の祭典」と言われるオリンピック(五輪)自体がくだらない偽善イベントでしかないと思わざるを得ない。

JOC竹田会長「訴追」が招く東京五輪の危機
JOC竹田会長、東京五輪招致の贈収賄疑惑で会見

2020 東京オリンピック(五輪)

2020 東京オリンピック(五輪)は、西暦2020年に日本の首都である東京で開催される予定の夏季オリンピックのことで、現在(2019年1月)、競技場の検察や退会ボランティアの募集、出場選手の育成など開催のための準備が行われている。しかし、招致の際に日本オリンピック委員会(JOC)は開催地決定に影響力を持つIOC委員に賄賂を渡したではないかという疑惑が浮上しており、 その開催には暗雲が漂いはじめている。

竹田恒和日本オリンピック委員会(JOC)会長

竹田恒和(たけだつねかず)氏は、明治天皇の血を受け継ぐ旧皇族の竹田宮恒徳王の三男で、2001年(平成13年)から長年(8期)に渡って竹田恒和日本オリンピック委員会の会長を務めており、IOC委員でもある。慶應義塾幼稚舎から慶應義塾で学び、慶應義塾大学法学部政治学科を卒業している。また、子息の竹田恒泰(たけだつねやす)氏は、極右の論客として知られている。

[3029] Posted by kagahiro at 2019/01/12 17:50:36
0 point | Link (1) | Trackback (0) | Comment (0)

リピート系FXとは

リピート系FXは、設定された一定の値幅で逆張りでナンピンを行っていくレンジ相場向け自動売買システムで、「注文を繰り返す回数に上限がない」「サーバー側で稼働する」などの特徴があります。

ある程度の値幅で上下を繰り返すレンジ相場では大きな収益を得られる反面、 注文を繰り返す回数に上限がないため相場が逆に大きく動いた場合は大きな含み損が発生し、 耐えられる証拠金の範囲を超えると強制ロスカットにより大損失となる可能性がありますので、資金管理が非常に重要です。

リピート系FXにはどんな通貨が向いているのか

リピート系FXで運用する場合、 ポジションを長期で持つという性質上、トルコリラ、南アランド、メキシコペソなどは買いスワップは高いですが、暴落のリスクがあるのでおすすめできません。一回の暴落でロスカットされ大損失となる可能性が有ります。

また、リピート系FXでは相場があまり動かないと利益にならないので、ニュースのヘッドラインや、経済指標などで相場が動く、ドル、ユーロ、ポンド、豪ドル、ニュージランドドル、カナダドルなどのメジャーな通貨の組み合わせが良いと思います。

現在FX業者によって提供されているリピート系FX

  • ループイフダン アイネット証券、ひまわり証券
  • iサイクル注文 外為オンライン
  • トラッキングトレード FXブロードネット
  • トラリピ マネースクウェア・ジャパン
  • トライオートFX インヴァスト証券

リピート系FXのエバンジェリスト、スノーキー(小手川征也)さんによる解説

リピート系FXとは?

[3028] Posted by kagahiro at 2019/01/12 15:44:30
0 point | Link (7) | Trackback (0) | Comment (0)

リピート系FXとは

リピート系FXは、設定された一定の値幅で逆張りでナンピンを行っていくレンジ相場向け自動売買システムで、「注文を繰り返す回数に上限がない」「サーバー側で稼働する」などの特徴があります。

ある程度の値幅で上下を繰り返すレンジ相場では大きな収益を得られる反面、 注文を繰り返す回数に上限がないため相場が逆に大きく動いた場合は大きな含み損が発生し、 耐えられる証拠金の範囲を超えると強制ロスカットにより大損失となる可能性がありますので、資金管理が非常に重要です。

リピート系FXにはどんな通貨が向いているのか

リピート系FXで運用する場合、 ポジションを長期で持つという性質上、トルコリラ、南アランド、メキシコペソなどは買いスワップは高いですが、暴落のリスクがあるのでおすすめできません。一回の暴落でロスカットされ大損失となる可能性が有ります。

また、リピート系FXでは相場があまり動かないと利益にならないので、ニュースのヘッドラインや、経済指標などで相場が動く、ドル、ユーロ、ポンド、豪ドル、ニュージランドドル、カナダドルなどのメジャーな通貨の組み合わせが良いと思います。

現在FX業者によって提供されているリピート系FX

  • ループイフダン アイネット証券、ひまわり証券
  • iサイクル注文 外為オンライン
  • トラッキングトレード FXブロードネット
  • トラリピ マネースクウェア・ジャパン
  • トライオートFX インヴァスト証券

リピート系FXのエバンジェリスト、スノーキー(小手川征也)さんによる解説

リピート系FXとは?

[3028] Posted by kagahiro at 2019/01/12 15:44:30
0 point | Link (7) | Trackback (0) | Comment (0)

  1  


アクセスランキング

今日のアクセスランキング TOP 10

  1. [将棋]将棋実況ユーチューバーのクロノさんが朝日新聞のクレームで棋譜中継を配信中止 (1 PV)
  2. [映画]ジョン・カーター (1 PV)
  3. Google News (グーグルニュース)日本版 (1 PV)
  4. 経済(けいざい) (1 PV)

今月のアクセスランキング TOP 10

  1. SQLのSELECT文で先頭から上位(TOP)10件のレコードを取得する方法(SQL Server、Oracle、MySQL、PostgreSQL) (784 PV)
  2. 裁量トレードを自動化する裁量補助EA「AutoScalper Demo」 (181 PV)
  3. Google News (グーグルニュース)日本版 (117 PV)
  4. Google Finance(グーグルファイナンス)- リアルタイム株価情報、金融ニュース、日本株 (101 PV)
  5. 安全性重視の完全無料ナンピンマーチンEA「Million Dollar(ミリオンダラー)」 #FX #ゴールド #ビットコイン (83 PV)
  6. 自作のMT4向け無料EA(口座縛り無し、ブローカー縛り無し、使用期限無し)とゴゴジャン出品中の有料EAの一覧 #MT4 (66 PV)
  7. 裁量トレードを半自動化する無料のMT5向け裁量トレード支援ツール(裁量補助EA)「PositionKeeper MT5」 #FX (56 PV)
  8. [将棋]ユーチューバーのクロノさんが将棋ウォーズ運営からアカウント停止の警告を受ける #ソフト指し #複垢 #アカBAN (52 PV)
  9. 完全無料のMT5用ナンピンEA「Nanpin K(ナンピンケイ) MT5」 (51 PV)
  10. SQLiteのSELECT文で上位 (TOP) n件のデータを取得する (45 PV)

アクセス統計

ディレクトリ

関連サイト