[ハメ手]の検索結果


2018年1月19日に将棋ウォーズで最強ボットとしてリリースされた「PonaInfinity(ポナインフィニティ)」が、 六段にハメ手で全駒されるという失態をさらしたようだ。

将棋ウォームで六段といえば棋力としてはアマトップレベルだが、ボット軍団に比べると雑魚といっても言ってもレベルなので、 それに全駒されるというのは最強ボットとしては役立たずといっても過言では無いだろう。

元奨励会の将棋実況者「アユム」さんが、PonaInfinity(ポナインフィニティ)が全駒された対局の棋譜を動画にして解説しており、 どうやってハメれば勝てるのか知りたい人は必見である。

ただし、将棋ウォーズのサイトではPonaInfinity(ポナインフィニティ)の対局履歴は、400勝38敗となっているのに何故か12局しか見れないくなっており、 誰がPonaInfinity(ポナインフィニティ)を全駒した六段なのかは不明だ。

将棋ウォーズ最強のPonaInfinity九段をハメて全駒する方法が発見される

元奨励会員アユムの将棋実況

元奨励会のアユムさんの将棋実況チャンネル。将棋ウォーズ(10秒将棋)での対局の実況動画だけでなく、戦型や手筋、詰将棋などの解説動画も配信している。 将棋を勉強したい人に特におすすめのチャンネル。配信者のアユムさんの棋力は将棋ウォーズで六段。

[2900] Posted by kagahiro at 2018/02/11 16:19:36
1 point | Link (2) | Trackback (0) | Comment (1)

塚田泰明九段(先手)と畠山鎮七段(後手)の対戦となった第67回NHK杯テレビ将棋トーナメント1回戦第8局は、塚田泰明九段が得意とする相掛かりとなり、評判取り攻めの気風の塚田泰明九段がどうみても無理攻めと思われる豪快な攻めを見せたが攻めきれず、最後は畠山鎮七段が大量の持ち駒を活用して反撃し勝利した。

負けはしたものの塚田泰明九段の持ち味が存分に発揮された一局だったと言えるだろう。

塚田泰明(つかだやすあき)九段

塚田泰明(つかだやすあき)九段は、「塚田が攻めれば道理が引っ込む」と評されたほどの豪快な攻め気風のベテラン棋士。王座(1987年度)獲得経験がある。順位戦はC級1組。

畠山鎮(はたけやままもる)七段

畠山鎮(はたけやままもる)七段は、将棋界唯一の双子棋士で、双子の兄は畠山成幸(はたけやまなりゆき)八段。名前は「まもる」だが攻めの気風と言われている。順位戦はB級2組。

NHK杯テレビ将棋トーナメント

「NHK杯テレビ将棋トーナメント」は、トップ棋士たち50名がトーナメント方式で戦う早指し棋戦。持ち時間は10分で切れたら1手30秒、各10分の考慮時間がある。毎週日曜日午前10時30分からEテレで放映される。前回の優勝者は佐藤康光九段。司会は藤田綾女流二段。

NHK杯テレビ将棋トーナメント|NHK囲碁と将棋
NHK杯テレビ将棋トーナメント トーナメント表|NHK囲碁と将棋

NHK杯1回戦第8局 ▲塚田泰明九段VS△畠山鎮七段の棋譜検討動画

相掛かり

相掛かりは相居飛車の戦法の1つで、相手の飛車先の歩交換を受けずに序盤で歩を交換して指す戦法のことを言う。 江戸時代末期に開発され、一世紀にわたって大流行し、大正中期から終戦までは「相懸戦にあらずんば将棋にあらず」とまで言われていた。

将棋初心者上達講座~24初段を目指すブログ~
相掛かり戦法

相掛かりの秘刀 塚田スペシャルのすべて (マイナビ将棋BOOKS)
マイナビ出版 著者:塚田 泰明


amazon.co.jpのカスタマーレビューを見る
powered by amalink

[2715] Posted by kagahiro at 2017/05/21 16:53:55
0 point | Link (2) | Trackback (0) | Comment (0)

桐山清澄九段(先手)と飯島栄治七段(後手)の対戦となった第67回NHK杯テレビ将棋トーナメント1回戦第4局は、飯島栄治七段が得意とする横歩取りの出だしから、先手の桐山清澄九段が横歩を取らないという大ベテランらしい老練な嫌がらせで、相掛かりの戦型となった。

中盤以降は5筋の位をとった後手の飯島栄治七段が先に仕掛けたが、桐山清澄九段が逆襲する展開となる。しかし、攻めきれず最終的に飯島栄治七段の勝ちとなった。

NHK杯1回戦第4局 ▲桐山清澄九段VS△飯島栄治七段の棋譜検討動画

桐山清澄(きりやまきよずみ)九段

桐山清澄(きりやまきよずみ)九段は、棋王(1984年度)、棋聖(第48期~50期)のタイトル獲得経験がある大ベテラン棋士。順位戦はC級2組。

飯島栄治(いいじまえいじ)七段

飯島栄治(いいじまえいじ)七段は、四間飛車対策の一つとして編み出された戦法「飯島流引き角戦法」で知られている(第37回将棋大賞の升田幸三賞を受賞)中堅棋士。順位戦はB級2組。

NHK杯テレビ将棋トーナメント

「NHK杯テレビ将棋トーナメント」は、トップ棋士たち50名がトーナメント方式で戦う早指し棋戦。 持ち時間は10分で切れたら1手30秒、各10分の考慮時間がある。毎週日曜日午前10時30分からEテレで放映される。前回の優勝者は佐藤康光九段。司会は藤田綾女流二段。

NHK杯テレビ将棋トーナメント|NHK囲碁と将棋
NHK杯テレビ将棋トーナメント トーナメント表|NHK囲碁と将棋

相掛かり

相掛かりは相居飛車の戦法の1つで、相手の飛車先の歩交換を受けずに序盤で歩を交換して指す戦法のことを言う。

将棋初心者上達講座~24初段を目指すブログ~
相掛かり戦法

相掛かり

相掛かりは相居飛車の戦法の1つで、相手の飛車先の歩交換を受けずに序盤で歩を交換して指す戦法のことを言う。江戸時代末期に開発され、一世紀にわたって大流行し、大正中期から終戦までは「相懸戦にあらずんば将棋にあらず」とまで言われていた。

将棋初心者上達講座~24初段を目指すブログ~
相掛かり戦法

横歩取りハメ手裏定跡
マイナビ出版 著者:飯島 栄治


amazon.co.jpのカスタマーレビューを見る
powered by amalink

[2690] Posted by kagahiro at 2017/04/23 12:38:48
0 point | Link (2) | Trackback (0) | Comment (0)

ひと目の手筋―やさしい問題を反復練習囲碁の基本的手筋集。繰り返し問題を解くことで自然に筋を覚えられる。ひと目の詰碁―やさしい問題を反復練習基本的な詰碁集。囲碁級位者のための筋の打ち方打たれた手がどう...
[754] Posted by kagahiro at 2006/07/16 11:08:49
0 point | Link (1) | Trackback (0) | Comment (0)

  1  


アクセスランキング

今日のアクセスランキング TOP 10

  1. 最新のGoogle News(グーグルニュース)日本版のRSSが取得できるURL (1 PV)
  2. グーグルニュース(Google News)のRSS/atomが取得できない (1 PV)

今月のアクセスランキング TOP 10

  1. SQLのSELECT文で先頭から上位(TOP)10件のレコードを取得する方法(SQL Server、Oracle、MySQL、PostgreSQL) (2602 PV)
  2. Google News (グーグルニュース)日本版 (804 PV)
  3. Tumblr(タンブラー)のダッシュボードからおすすめ投稿を消す(非表示にする)方法 (402 PV)
  4. 最新のGoogle News(グーグルニュース)日本版のRSSが取得できるURL (402 PV)
  5. 有力将棋系ユーチューバーのショウヤンさんが将棋ウォーズで「ソフト指し」を告白し衝撃走る (401 PV)
  6. [将棋]角換わり▲4五桂速攻(△6五桂速攻) #佐藤天彦名人 #三浦弘行九段 (225 PV)
  7. グーグルニュース(Google News)日本版が表示できるURL (176 PV)
  8. USTREAM(ユーストリーム) 日本語版 無料のライブ映像配信サービス (164 PV)
  9. ウェブページを1回だけリロード(再表示)する方法 (162 PV)
  10. [Perl]UTF-8でエンコードされた文字列の文字数を取得するコード (154 PV)

アクセス統計

ディレクトリ

関連サイト