東京都が7月10日から白熱電球2個をLED電球1個と無料で交換、1人1回

東京都が家庭での省エネ対策を促進するため、来月(7月)10日から白熱電球2個をLED1個と無料で交換する取り組みを開始する。

商店街などにある地域の電器店(家電量販店は対象外)に白熱電球2個を持ち込むと、LED電球1個と無料で交換する仕組みで、18歳以上の都民なら1人1回交換が可能。東京都は交換の際に氏名や住所の提出を求めることで、1人で何回も交換する不正を防止するという。

1人1回交換可能ということなので、4人家族なら2個で約300円の白熱電球を1個700円程度のLEDに交換することができるので、1600円程度の利益を得られる計算になる。

また、実際に使用している2個の白熱電球を1個のLED電球に交換した場合は、1個電球が足りなくなってしまうが、 足りたくなった分LED電球を買ってしまうと足が出てしまうので、足りなくなった分は白熱電球を購入する必要がある。

東京都 白熱電球をLEDに無料で交換 来月10日開始

LED電球

LED電球は、発光ダイオード (LED) を使用した電球のことで、LEDを使用しているため、低消費電力で長寿命とされているが、LEDは長寿命でも電球はLEDだけで構成されているわけではないので、LED電球が長寿命かどうかはまた別の問題である。また、その明るさや、白色光に見られるブルーライトは環境や健康に有害である

[2786] Posted by kagahiro at 2017/06/25 16:18:45
オープン | 0 point | Link (1) | Trackback (0) | Comment (0)

キーワード
東京都 無料交換 白熱電球 LED 

kagahiroのホームページ


東京都が7月10日から白熱電球2個をLED電球1個と無料で交換、1人1回 関連リンク

ええっ!誰得?小池百合子(こいけゆりこ)東京都知事(64)が写真集を発売 #政治
東京都知事として豊洲市場移転問題や東京オリンピック開催に辣腕を振るっている小池百合子(こいけゆりこ)東京都知事(64)の写真集が、6月14日に発売されることがわかった。写真集には、「日本新党」の新人時代か...

東京都が7月10日から白熱電球2個をLED電球1個と無料で交換、1人1回 トラックバック

トラックバックURL :


東京都が7月10日から白熱電球2個をLED電球1個と無料で交換、1人1回へのコメント


詳細の入力フィールドを表示する

おすすめ  (チェックしてコメントすると最新情報に掲載)
コメント :

< 前の投稿      次の投稿 >

アクセスランキング

今日のアクセスランキング TOP 10

  1. フリーソフトウェア/オープンソースのタブー (6 PV)
  2. [食べ物]七草粥(ななくさがゆ) (4 PV)
  3. [将棋]竜王戦第三局は居飛車振り飛車の対抗型で丸山忠久九段が勝利 #竜王戦 (4 PV)
  4. グーグルニュース(Google News)日本語版が見れるURL (3 PV)
  5. MetaTrader 4(MT4) (2 PV)
  6. ウェブページを1回だけリロード(再表示)する方法 (2 PV)
  7. Google(グーグル) 日本版 (2 PV)
  8. Google News (グーグルニュース)日本版 (2 PV)
  9. NHKスペシャル「激流中国」が面白い (1 PV)
  10. Mac OS X 書籍 (1 PV)

今月のアクセスランキング TOP 10

  1. SQLのSELECT文で先頭から上位(TOP)10件のレコードを取得する方法(SQL Server、Oracle、MySQL、PostgreSQL) (2849 PV)
  2. グーグルニュース(Google News)日本語版が見れるURL (735 PV)
  3. フリーソフトウェア/オープンソースのタブー (503 PV)
  4. [食べ物]七草粥(ななくさがゆ) (485 PV)
  5. [将棋]竜王戦第三局は居飛車振り飛車の対抗型で丸山忠久九段が勝利 #竜王戦 (479 PV)
  6. Google News (グーグルニュース)日本版 (448 PV)
  7. [将棋]将棋実況ユーチューバーのクロノさんが朝日新聞のクレームで棋譜中継を配信中止 (225 PV)
  8. グーグルニュース(Google News)のRSS/atomが取得できない (171 PV)
  9. USTREAM(ユーストリーム) 日本語版 無料のライブ映像配信サービス (157 PV)
  10. [Perl]UTF-8でエンコードされた文字列の文字数を取得するコード (142 PV)

アクセス統計

ディレクトリ

関連サイト