アマゾンジャパンが東京でAmazonプライム会員向けに生鮮食品を配達するサービス「Amazonフレッシュ」を開始

大手ECサイト「Amazon(アマゾン)」を運営するアマゾンジャパンが、 野菜や精肉などの生鮮食品を最短4時間で配送するサービス「Amazonフレッシュ」の提供を2017年4月21日から開始すると発表した。Amazonフレッシュは、2007年にアメリカで提供が開始され、2016年7月からイギリス・ロンドンでも開始、日本は3カ国目となる。

Amazonフレッシュ

「Amazonプライム」の会員は、月額500円(税込)の利用料でAmazonフレッシュを利用できる(30日間の無料体験あり)。6,000円以上の注文の場合は配送料は無料だが、6,000円未満の注文の場合には1回500円(税込)の配送料が掛かる。 当初の配送対象エリアは東京の港区や千代田区、中央区、江東区、墨田区、江戸川区(一部エリアを除く)で順次拡大される予定。配達時間は、午前8時から深夜0時までの間、2時間ごとの時間帯から指定可能で、注文から最短で4時間後に商品を受け取りることもできる。また、「鮮度保証」プログラムにより届いた食品の鮮度が悪かった場合は返金可能となっている。

Amazonフレッシュの対象商品

「Amazonフレッシュ」の商品として、野菜、果物、鮮魚、精肉、乳製品といった1万7000点以上の食料品。それに加え、キッチン用品、健康・美容用品、ベビー用品、ペット用品などの日用品・雑貨も取り扱い、合計で10万点以上の商品を取りそろえるという。

Amazonプライムとは

Amazonプライムは、3,900円(税込)の年会費で、無料の配送特典(対象商品のお急ぎ便、お届け日時指定便が無料)や、プライム・ビデオ(映画やTV番組が見放題)、 プライム・ビデオ(100万曲以上の楽曲やアルバム、プレイリストを広告表示なしで視聴)、プライムフォト(Amazon Driveに写真を容量無制限で保存)等のサービスを追加料金なしで利用できる会員制プログラム。

Amazonフレッシュについてのニュース

アマゾン、プライム会員向け生鮮食品即配サービス「Amazonフレッシュ」を提供開始!まずは東京6区でスタートし、月額500円で6千円以上なら1回ごと500円かかる送料は無料に
アマゾンが「Amazonフレッシュ」を開始、最短4時間で生鮮食品を届ける仕組みを解説

[2682] Posted by kagahiro at 2017/04/21 12:44:02
オープン | 0 point | Link (2) | Trackback (0) | Comment (0)

キーワード
アマゾン 生鮮食品 配達 東京 

kagahiroのホームページ


アマゾンジャパンが東京でAmazonプライム会員向けに生鮮食品を配達するサービス「Amazonフレッシュ」を開始 関連リンク

AmazonがAmazonプライム会員向けに9月から動画配信サービス「プライム・ビデオ」を開始
Amazonは、Amazonプライム会員向けの新たなサービスとして、2015年 9月から 「プライム・ビデオ」 を提供することを発表した。これによりAmazonプライム会員は、日本やアメリカの映画やテレビ番組、人気アニメ、ファ...
アマゾンがAmazonプライム会員向けビッグセール「プライムデー」を7月11日(火)に開催 #安売り
オンラインストア「アマゾン(Amazon.co.jp)」が、今年で3回目となるAmazonプライム会員向けのビッグセール「プライムデー」を7月11日(火)に開催すると発表した。7月10日(月)18時から先行開始され、7月11日23時...

アマゾンジャパンが東京でAmazonプライム会員向けに生鮮食品を配達するサービス「Amazonフレッシュ」を開始 トラックバック

トラックバックURL :


アマゾンジャパンが東京でAmazonプライム会員向けに生鮮食品を配達するサービス「Amazonフレッシュ」を開始へのコメント


詳細の入力フィールドを表示する

おすすめ  (チェックしてコメントすると最新情報に掲載)
コメント :

< 前の投稿      次の投稿 >

アクセスランキング

今日のアクセスランキング TOP 10

  1. [将棋]将棋実況ユーチューバーのクロノさんが朝日新聞のクレームで棋譜中継を配信中止 (1 PV)
  2. [将棋]豊島将之八段が「序盤中盤終盤スキのない」将棋で「無冠の帝王」森下卓九段に完勝 #NHK杯 (1 PV)
  3. [将棋]竜王戦第三局は居飛車振り飛車の対抗型で丸山忠久九段が勝利 #竜王戦 (1 PV)
  4. 麺が無いならラーメンでは無いが、日清食品が「日清麺なしラーメン」を新発売 (1 PV)

今月のアクセスランキング TOP 10

  1. SQLのSELECT文で先頭から上位(TOP)10件のレコードを取得する方法(SQL Server、Oracle、MySQL、PostgreSQL) (2909 PV)
  2. Google News (グーグルニュース)日本版 (500 PV)
  3. Deep Learning (日本語翻訳版) - ディープラーニング(深層学習)に関する書籍の決定版 #機械学習 (336 PV)
  4. [将棋]将棋実況ユーチューバーのクロノさんが朝日新聞のクレームで棋譜中継を配信中止 (256 PV)
  5. [将棋]竜王戦第三局は居飛車振り飛車の対抗型で丸山忠久九段が勝利 #竜王戦 (246 PV)
  6. [食べ物]七草粥(ななくさがゆ) (230 PV)
  7. グーグルニュース日本語版が見れない (228 PV)
  8. フリーソフトウェア/オープンソースのタブー (193 PV)
  9. 「CASH(キャッシュ)」アイテム(ブランド品やガジェット)の写真を撮れば審査なしで現金化できるサービス (192 PV)
  10. 無料の動画ダウンロードツール「xVideoServiceThief」 (166 PV)

アクセス統計

ディレクトリ

関連サイト