[反応が良い]の検索結果


なるほど、いろんな方法があるのですね。

  1. 自分の読者が何を必要としているのか耳を傾けるそして、それを届けるのだ。あなたが作るコンテンツにひらめきを与えているのはそれらの読者であることを認めるのだ。
  2. 読者のコメントに返答する。彼らは認められ注目されていると感じるだろう。
  3. 頻繁にコメントする人にメールを送ってフィードバックする。 そういう人達は大ファンであることが多いため、ブログを超えて人間関係を深めるのだ。
  4. 自分の読者をTwitterでフォローする。彼らを探して‘フォロー’ボタンをクリックする のにはほんの数分しかかからない。
  5. LinkedInで繋がる。これが読者を、自分がクールな人々の1人であると感じさせ、あなたが彼らのバックグラウンドを簡単に詳しく調べて彼らがしていることについてもっと知ることを可能にする。
  6. もしもLinkedInグループで読者を見かけたら、声をかける。 それがフレンドリーさを感じさせる。
  7. 読者のブログにコメントする。コメントする人の大部分は、コメントする時にURLを残しているため、そこをクリックして彼らのことをチェックし反応を残すことは難しいことではない。
  8. 読者の投稿をリツイートする。あなたがそこにいる間、あの小さなRTボタンをクリックするのだ。1つのリツイートが大きな賛辞になる。
  9. 読者がコメント欄でした質問に回答する記事を書く。1つの興味深いコメントに関連した記事を書くこともできるし、多くの読者の質問に答えるかばんいっぱいの総まとめを作ることもできる。彼らの質問をコンテンツのひらめきとして使う時には、読者を認めることを忘れないこと!
  10. 読者のメールに回答する。あなたのメールを見つけ出すのに時間を取って、ブログコメント以外であなたにメッセージを送る読者は、返答を受けるに値する。
  11. 求人情報を提供する。仕事を与えることほど感謝の念を引き起こすことはないため、多くの人気ブログが求人を提供しているのだ。
  12. 知識のあるコメント者にあなたのブログにゲスト投稿することを依頼する。彼らは特別感を感じるだろう。そして、私の経験上、この先何年もあなたの投稿をリツイートするだろう。
  13. 読者のブログにゲスト投稿を書く。これは、ちょっとした知り合いから近しい友人になる最速ルートの1つだ。
  14. アンケートを取る。読者は何を考えているのか?それが分かれば、あなたは彼らが本当に好きな記事を書くことができるだろう。
  15. エッセイのコンテストを実施し、勝者を記事の中で特集する。気分を変えるために読者に自分たちのライティングを見せる。
  16. 読者の1人にSkypeする。私は、定期的に新しい人とバーチャル‘ランチ’をすることを試みている。
  17. 6人の常連と一緒に立案する。セールスの達人Grant Cardoneは今、ファンと一緒に新しい本を立案している―そして、他の人も恩恵を受けることができるようにそれを録音している。
  18. 地元の読者と直接会う手配をする。地元のコーヒー店で一服して、おしゃべりをする。
  19. 読者のために無料のポッドキャストまたはオンラインセミナーを録音もしくは録画する。あなたの声を聞いたりあなたの姿を見たりすることが、リスナーとより親密な繋がりを作る。
  20. 彼らの質問に生電話で答える。生電話の直接性が、読者にあなたが気にかけていることを感じさせる。
  21. 読者にクッキーを送る。真面目な話だ。彼らの住所を突き止めて、小さなギフトを送るのだ。それが人々の心を圧倒する。
  22. 投稿の最後に質問をする(フリーアンサーの質問が好ましい)。それが通常は彼らに話をさせる。
  23. 投稿を完結しない。 いくつかのヒントを提供し、その後は読者にコメント欄に追加してもらう。
  24. 読者に自分たちが取り組んでいることへのリンクを残してもらう。彼ら自身のプロジェクトやURLに触れることへの誘いほど人々のコメントを得られるものはない。
  25. 読者のeブックをレビューする。もしくは、数人の読者のeブックを集めて1つの記事にする。
  26. フォーラムを提供する。コメント欄以外で、読者に気軽なおしゃべりの集いをさせる。これが驚くほどのコミュニティになることがある。
  27. バディ・プログラムを作る。サイト上にサポートの必要性や友達が欲しいことを伝えることができる場所を提供することによって、読者がお互いに助けうことを支援する。
  28. 読者をエキスパートにする。ひとつの記事の中で彼らの最高のアドバイスを求め、別の記事の中で最高の返答を寄せ集めたものを発表する。
  29. 読者に彼らの最大の問題を説明してもらう。 私たちは文句を言うのが好きなのか?そうだ、好きなのだ。このような投稿は、あなたが書くべきことが何かを教えてもくれる。
  30. 価値のある賞品を付けたコンテストを実施する。最近、AppSumoが優れたコンテストを実施した。あなたはMacBook Airを勝ち取ることができるのだ。
  31. BlogWorldやSXSWのような大きなイベントでの集まりを企画する。もしあなたが、自分の業界のイベントに出かけていないのなら、そういう場所に出ていくことを検討しよう。最近では、対面での会話は珍しく素晴らしいものだ―それに読者にあなたのこともっと知るようになったと感じさせる。
  32. あなたのメールを一度も開かないEメール購読者の理由を知る。自分のコンテンツを改善する方法について多くを学ぶことができる。
  33. 読者のスキルを発見し、彼らとサービスを交換する。小さなビジネスを一緒にすることが双方に利益をもたらし、あなたがもっと知りあう手助けをする。
  34. コンサルティング・パッケージを提供する。 無差別に親切をし、時にただ読者を助けるのだ。
  35. 有料クラスやイベントへの無料パスをあげる。あなたのことは分からないが、私は、他の人がお金を払っていることに対して無料チケットをもらうことほどに特別感を感じるものはない。
  36. 購読者のために無料eブックを作る。一度でやめず、興味深い新しいものを作り続けるのだ。
  37. 役に立つ情報を持つ自動ステップメールを配信する。Copybloggerの独自のInternet Marketing for Smart Peopleコースが良い例だ。無料トレーニングコースが、あなたのブログはもっと提供するものを持っていることを示す。
  38. コラボレーションしたプロジェクトを行う。読者のゲスト投稿を1つのeブックにまとめたり、読者にあなたと一緒にポッドキャストを共同でホストしてもらう。
  39. 自分の製品サービスを売るアフィリエイトプログラムに招待する。あなたはそれをあくどいと思うかもしれないが、読者の中にはすでに自分がしていること―友達にあなたのサイトについて話すこと―をしてお金を稼ぐチャンスに飛びつく人もいるのだ。
  40. 読者に彼らを助けることができる人々を紹介する。仲を取り持つことは全くお金がかからないし、あなたが読者を助けることに関して本当に気にかけていることを示す。

ブックマーク先へ ブログに忠実な読者を築くための40の方法 | SEO Japan

[2193] Posted by kagahiro at 2012/05/24 16:40:24
0 point | Link (0) | Trackback (0) | Comment (0)

申し込んでからしばらく反応がなかったので、ハズレたかなと思っていたのですが、意外にも参加チケットのメールが来ていたので、2009年10月8日にGoogle Chrome 誕生一周年を記念して、東京(青山)で開催された「Google Chrome 一周年記念パーティー」に行って来ました。

プレゼンの内容は基本的には先日発表された「Google Chrome アーティスト テーマ」の紹介が中心でしたが、その他にヤマハの電子楽器「TENORI-ON」(このプレゼンはTENORI-ONで演奏を行いながら行われたのでインパクトがありました)やWindows 7 向けに開発中のGoogle Chromeの新機能なども紹介されていました。

今のところブラウザは Firefox と Google Chrome を常時両方立ち上げて併用しているのですが、体感的なレスポンスは若干 Firefox の方が良いというのが率直な印象なので、そこら辺の改善を期待したいです。

Google Chrome 一周年記念パーティー開催!
Google Chrome アーティスト テーマ
高速でシンプルなGoogle Chromeがスタイリッシュに:Google Japan Blog

Web Geek's Guide to Google Chrome
著者:Jerri Ledford,Yvette Davis
価格:1,548円
Que

by Amalink

[1380] Posted by kagahiro at 2009/10/08 23:21:15
0 point | Link (1) | Trackback (0) | Comment (0)

はてなが池田信夫氏の「はてなブックマーク=ネットイナゴの巣」発言を受けて、開発者の伊藤直也を中心に「はてなブックマーク」の改善に取り組むことになったそうです。

まあ、はてなブックマークのコメントとして、書き手を侮辱するようなコメントがつけられることがあるというのは事実なので、そういったコメントは排除する方向で対応をするということなのでしょう。

とはいえ、はてなブックマークでネガティブなコメントが排除されたとしても、2ちゃんねるは未だに健在ですし、ニコニコブックマーク(仮)という強力なおふざけ系のソーシャルブックマークサービスが新たに開始されているので、書き手に対する罵倒や誹謗中傷がなくなることはないと思います。

罵倒や誹謗中傷が良くないのは間違いないのですが、弁護士の小倉秀夫氏のように、「多少のコストを覚悟させたら優秀な書き手は逃げてしまう」とういうのはあまりにナイーブ過ぎるように思えます。
各分野の専門家によるレベルの高いエントリーがブログにアップロードされ、そこでその分野に興味を持った素人との交流や同じ分野を専門とする人々との高度な議論がなされる
という状況には決してならないでしょう。ネットは実社会から切り離された言論空間ではないのです。

認識の違いと言ってしまえばそれまでですが、残念ながらネット界は高い倫理観を持った参加者によってフェアな議論が行なわれるような言論の場ではありません。未来においてもそうなることはないでしょう。むしろ、実社会の利害関係が色濃く反映された情報戦の場に近いというのが現実です。

記事にネガティブなコメントがつく理由は、書き手が間違っている場合だけではありません。書き手の主張が他人の既得権を侵している場合や、書き手が過去に他人の恨みを買っている場合も罵倒や誹謗中傷が行なわれます。むしろ、粘着して罵倒されるようであれば、他人の既得権を侵しているか何らかの恨みを買っている可能性の方が高いと考えられます。つまり、書き手への罵倒や誹謗中傷は利害が対立する相手からの攻撃の可能性が高いのです。

新聞記者が不自然な形で「自殺」したり、著書で権力者の不正を告発しようとした著名なエコノミストが破廉恥罪で逮捕されたりする事件が現実に発生しているように、実社会において影響力の大きな情報発信者に対する危険は並大抵ではありません。

現状ではネット発の記事の影響力はテレビや新聞といったマスコミ程ではないため、ネット上の書き手に対するプレッシャーはそれほど強くないとは思いますが、ネット発の記事の実社会への影響力が増すにつれて、書き手に対するプレッシャーも強くなるのは間違いないでしょう。特に論理的で影響力のある記事を書くことのできる書き手であればあるほど、その影響力に比例して反発も大きくなるのは避けられないと思います。

いかに高いレベルの専門的な知識にもとづいた論理的に正しい主張であっても、その主張が他人の既得権を侵すようなものであれば、罵倒や誹謗中傷も含めたあらゆる手段で攻撃される可能性があります。「多少のコスト」にすら耐え切れないようでは、実社会的に大きな影響を及ぼすような主張を貫けるとは到底思えません。

だからといって誹謗中傷による攻撃を受けないようになんらのコメントもできないようにするのは得策ではありません。ネガティブなコメントというのは書き手に対する一種の警告です。書き手に対して危険を知らせるとても有用な情報なのです。痛みを感じることのできない動物が生きていくことは難しいように、他人の敵意に気づかない人間が社会の中で生きていくことは困難です。そういう意味では、梅田望夫氏の対応方法は非常に適切だと思います。

最近つくづく思うこと
だから僕は現代を生きる幸福を噛みしめながら、毎日延々と、むろん厳しい批判も含め、自分が書いたことに対する反応や感想を読み続けている。
もちろん、罵倒や誹謗中傷が不愉快であるのは間違いないので、別に梅田氏のように「幸福をかみ締めながら」読む必要はないのですが、自分の書いたことに対する周囲の反応はネガティブな反応も含めて把握しておけば、書き手への危険をうまく回避できる可能性が高くなるのは間違いないでしょう。ネガティブな反応を全てスルーしたり拒否したりするのは、書き手にとっても得策とは思えません。

もっとも、金儲けを目的に他人を罵倒する行為を組織的に行なう「イナゴ使い」ともいえる人々が、ネットイナゴ達を操って起こす「本当のネットイナゴ問題」が発生した場合は、完全スルーなり法的措置を取るべきだと思います。

参考:
幸福を痛感する(404 Blog Not Found)
ネットはサファリなので、棲み分けが生じる。
字幕.in | ニコニコの削除人と遊ぼう!
[1049] Posted by kagahiro at 2007/06/17 00:38:27
1 point | Link (3) | Trackback (1) | Comment (0)

タイミング的に非常に遅い反応ですが、アルファブロガー2006 トップ40が2007年1月25日(2ヶ月くらい前)に発表されています。これまでと違い。どのように評価されたかが公開されている点は良いのですが、何故いきなり...
(追記あり)
[1003] Posted by kagahiro at 2007/03/22 22:08:06
0 point | Link (4) | Trackback (0) | Comment (0)

長時間使用しても手首や腕への負担が少なくて使いやすいおすすめの有線レーザーマウス「LOGICOOL レーザーマウス M500」マウスパソコンを使用する際には常に操作するものなので、できるだけ手首や腕への負担が少な...
[852] Posted by kagahiro at 2006/10/05 10:15:15
0 point | Link (4) | Trackback (0) | Comment (0)

もとネタは「10 Killer Post Ideas」というところのようですが、FPNで「読んでもらえるエントリを書くための10のコツ」というのが紹介されてました。ノウハウリストキャンペーンインタビューレビューケーススタディリ...
[433] Posted by kagahiro at 2005/12/06 04:55:48
0 point | Link (2) | Trackback (0) | Comment (0)

  1  


アクセスランキング

今日のアクセスランキング TOP 10

  1. SQLのSELECT文で先頭から上位(TOP)10件のレコードを取得する方法(SQL Server、Oracle、MySQL、PostgreSQL) (183 PV)
  2. [将棋]佐藤康光九段が佐藤和俊六段を乱戦の末破り優勝、将棋界佐藤四天王最強であることを示す #NHK杯 (15 PV)
  3. [将棋]NHKトーナメントで佐藤康光九段がなめプ角頭歩戦法で佐藤天彦名人を撃破 (11 PV)
  4. フリーソフトウェア/オープンソースのタブー (11 PV)
  5. [経済]格安旅行業者「てるみくらぶ」が破産 #Yahoo!ニュース (10 PV)
  6. ウェブページを1回だけリロード(再表示)する方法 (10 PV)
  7. [企業]東芝、米原発子会社ウェスチングハウス(WH)の破産法申請へ (10 PV)
  8. [食べ物]七草粥(ななくさがゆ) (10 PV)
  9. [C言語]UTF-8でエンコードされた文字列の部分文字列を取り出すコード (8 PV)
  10. Perlで全角半角変換を行う方法 (6 PV)

今月のアクセスランキング TOP 10

  1. SQLのSELECT文で先頭から上位(TOP)10件のレコードを取得する方法(SQL Server、Oracle、MySQL、PostgreSQL) (3630 PV)
  2. [将棋]NHKトーナメントで佐藤康光九段がなめプ角頭歩戦法で佐藤天彦名人を撃破 (529 PV)
  3. ウェブページを1回だけリロード(再表示)する方法 (307 PV)
  4. [将棋]佐藤和俊六段がまさかの陽動居飛車で橋本崇載八段に勝ち決勝進出 #NHK杯 (194 PV)
  5. [食べ物]七草粥(ななくさがゆ) (186 PV)
  6. FC2動画やYouTubeなどから無料動画(映画やドラマ、アニメ、音楽など)を探す方法 (178 PV)
  7. [C言語]UTF-8でエンコードされた文字列の部分文字列を取り出すコード (164 PV)
  8. フリーソフトウェア/オープンソースのタブー (163 PV)
  9. [将棋]竜王戦第三局は居飛車振り飛車の対向型で丸山忠久九段が勝利 #竜王戦 (150 PV)
  10. [将棋]佐藤康光九段が佐藤和俊六段を乱戦の末破り優勝、将棋界佐藤四天王最強であることを示す #NHK杯 (147 PV)

アクセス統計

ディレクトリ

関連サイト